ホーム動画変換MP4が再生できない時に確...

MP4が再生できない時に確認すべきこと

MP4ファイルは非常に一般的で、PCやスマートフォン、カーナビなど最近の動画再生アプリならまず問題なく再生できる動画形式です。にもかかわらず、MP4の動画が再生できなかったという経験はありませんか?

MP4動画が再生できないケースは、大きく分けてふたつあります。ひとつめは動画ファイルが破損していること。これは動画ファイルの保存中に停電などが起こり、正常な状態で保存できなかった場合などが考えられます。そして、もうひとつは動画ファイルとして問題なく保存されているのに再生できない場合は、MP4の中でも圧縮コーデックが非対応の場合です。最近のHEVC/h.265というコーデックで圧縮されている動画に対応していない再生ソフトがあるからです。

このような場合は、HEVC/h.265対応の再生アプリを探して再生してみることもできますが、一般的なh.264のMP4に変換しておくと、再生する機器やソフトなどを選ばず、ほぼどんな状況でも再生できるようになります。

HEVC(h.265)からh.264への変換もBandicutが使える!

  1. Bandicut最新版を公式サイトから無料でダウンロード、インストールする
  2. Bandicutを起動し、[カット]を選択する
    カットを選択
  3. [ファイルを開く]アイコンをクリックし、編集するHEVC/h.265のMP4ファイルを選択する
    HEVC/h.265ファイル選択
  4. 動画の一部だけをh.264で保存したい場合は、保存する部分を選択して[スタート]を押す
    カットモードで区間選択スタートを押す
  5. [変換モード]で、H.264(CPU)を選択し、[スタート]を押す
    変換モードでh.264を選択して変換する
  6. 出力完了画面からファイルの保存先を開いたり、YouTubeなどへのアップロード、再生が可能です([タスク完了後、保存フォルダーを開く]機能を有効にしている場合は、自動的に保存先が開きます。)
    h.264への動画変換完了

こちらの記事も読まれています

関連記事
Bandicam最新版無料ダウンロード

人気の記事