MP4からWebMに変換できるWindows 11対応の動画変換ソフト


MP4動画をWebM動画に変換するメリットと方法

WebMは、Googleが開発したでロイヤリティフリーの動画コンテナで、高画質の動画をファイルサイズをおさえて圧縮できるというメリットがあります。 一般的にはMP4より圧縮効率が良く、同じ画質で半分くらいのファイルサイズに落とせると言われています。 ファイルサイズが小さく動画の読み込みにかかる時間を短縮できるので、ストリーミング配信に適していて、Google Chrome、Microsoft Edge、Mozilla FireFox、Safariなどのウェブブラウザーで再生でき、YouTubeでもアップロード対応しています。 MP4に比べ、再生する機器や環境がまだ限定的であるというのが残念な点ですが、ウェブ上で配信したりブラウザーで再生する目的であればWebM形式での保存をおすすめします。 すでにパソコンにMP4やAVI、MOV、TS、MKV、FLVなど別の形式で保存されている動画ファイルはBandicutを使えば画質を落とすことなく簡単にWebM形式に変換できます。


MP4からWebMへの変換は、動画変換ソフトBandicutのインストールから始まる

  1. Bandicut最新版を公式サイトから無料でダウンロード、インストールする
    Bandicut最新版ダウンロード
  2. Bandicutを起動し、[カット]を選択する
    カットを選択
  3. [ファイルを開く]アイコンをクリックし、編集するMP4ファイルを選択する
    MP4ファイル選択
  4. 動画の一部だけをWebMで保存したい場合は、保存する部分を選択して[スタート]を押す
    カットモードで区間選択 変換モードを選択する
  5. [変換モード]でWebMを選択し、[スタート]を押す
    変換モードでWEBMを選択する
  6. 出力完了画面からファイルの保存先を開いたり、YouTubeなどへのアップロード、再生が可能です([タスク完了後、保存フォルダーを開く]機能を有効にしている場合は、自動的に保存先が開きます。)
    MP4からWebMへの動画変換完了


Bandicutで変換したMP4やWEBM動画は、Bandicutから直接YouTubeに投稿できる!

YouTubeを選んで、[アップロード]をクリックするだけ! Bandicutから直接YouTubeにアップロード

YouTubeだけでなく、Vimeoへの投稿もBandicutだけで完結できます。 YouTube、Vimeoへの投稿





更新日時