デジタルビデオカメラのホームビデオ動画をMP4に変換


MPEGからMP4への変換方法

デジタルビデオカメラで撮影したホームビデオ動画はMPEGやMPGという拡張子で保存されることがよくあります。これを古いWindowsのパソコンや他のデバイスで再生しようとしたときに再生できなかったという経験はありませんか?MP4に変換しておくと、再生する機器やソフトなどを選ばず、ほぼどんな状況でも高画質のまま再生できるようになります。


MPEG、MPGからMP4への変換は、Bandicutのインストールから始まる

  1. Bandicut最新版を公式サイトから無料でダウンロード、インストールする
    Bandicut最新版ダウンロード
  2. Bandicutを起動し、[カット]を選択する
    カットを選択
  3. [ファイルを開く]アイコンをクリックし、編集するMPGファイル、MPEGファイルを選択する
    MPGファイル、MPEGファイル選択
  4. 動画の一部だけをMP4で保存したい場合は、保存する部分を選択して[スタート]を押す
    カットモードで区間選択 変換モードを選択する
  5. [変換モード]で、MP4を選択し、[スタート]を押す
    変換モードでMP4を選択して変換する
  6. 出力完了画面からファイルの保存先を開いたり、YouTubeなどへのアップロード、再生が可能です([タスク完了後、保存フォルダーを開く]機能を有効にしている場合は、自動的に保存先が開きます。)
    MP4への動画変換完了


Bandicutで変換したMP4やWEBM動画は、Bandicutから直接YouTubeに投稿できる!

YouTubeを選んで、[アップロード]をクリックするだけ! Bandicutから直接YouTubeにアップロード

YouTubeだけでなく、Vimeoへの投稿もBandicutだけで完結できます。 YouTube、Vimeoへの投稿





更新日時