BINKとの比較

BandicamビデオライブラリーはWin32環境でBINKに代わる製品として開発され、BINKの機能のほとんどをカバーしています。 BINKとの性能の違いは下記の表の通りです。


  Bandicamビデオライブラリー(BVL) BINK - RAD Game Tools
対応OS Win32, Win64 Win32, PSP, PS2, PS3, Wii,
NDS, Xbox, Xbox 360,...
価格(Win32) 5,900USD 8,500USD
圧縮コーデック 映像: MPEG1 Video, VP8
音声: MPEG1 Audio Layer2
自社開発の映像、音声コーデック
MPEG1より劣勢
再生時のCPU使用率
(P4基準、BINKを100とした場合)
50% (低いほうが良い) 100%
ファイルサイズ
(同一画質の場合、BINKを100とした場合)
40~60% (低いほうが良い) 100%

1. 画質の比較

  • 圧縮率の良いコーデックを使用すると、画質を落とさずファイルサイズをおさえることができます。
  • 2つのファイルサイズが同一である場合に、より画質が良い方が元の映像に近いと言えます。
  • また、2つのファイルの画質が同一である場合、ファイルサイズが小さいほうがコーデックの圧縮率が高いと言えます。
  • 映像の画質の比較に使われるPSNR値によって、BINKとBandicamビデオライブラリーに使用されているMPEG-1コーデックの性能を比較した結果を下記にまとめています。
  • サンプルファイルをダウンロードして再生していただくことで、画質の差をご確認いただけるかと存じます。

テスト方法

  1. ソースファイルはHD画質のWMVを使用します。
  2. Robotica1080p(21秒、20MB)を使用します。
  3. {http://www.radgametools.com/bnkdown.htm|Rad Video Tools}で音声なしで、.bikにエンコードします。
  4. {../converter/|Bandicam Video Converter}で音声なしで、AVIファイル(MPEG-1およびVP80)に2PASSエンコードします。ビットレートを調整して.bikファイルとできるだけ同じサイズのファイルに仕上げます。
  5. 変換された動画ファイルを{https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%AF%E4%BF%A1%E5%8F%B7%E5%AF%BE%E9%9B%91%E9%9F%B3%E6%AF%94|PSNR}分析ツールを使って比較します。

テスト結果ファイル

  • ソースファイル: {https://dl.bandicam.com/bvl/Robotica_1080.wmv|Robotica_1080.wmv}
  • BINKファイル(低画質): {https://dl.bandicam.com/bvl/Robotica_1080_bink_1700k.bik|Robotica_1080_bink_1700k.bik}
  • BINKファイル(標準画質): {https://dl.bandicam.com/bvl/Robotica_1080_bink_2500k.bik|Robotica_1080_bink_2500k.bik}
  • BINKファイル(高画質): {https://dl.bandicam.com/bvl/Robotica_1080_bink_4100k.bik|Robotica_1080_bink_4100k.bik}
  • Bandicamビデオファイル(MPEG-1低画質): {https://dl.bandicam.com/bvl/Robotica_1080_mpeg1_1700k.avi|Robotica_1080_mpeg1_1700k.avi}
  • Bandicamビデオファイル(MPEG-1標準画質): {https://dl.bandicam.com/bvl/Robotica_1080_mpeg1_2500k.avi|Robotica_1080_mpeg1_2500k.avi}
  • Bandicamビデオファイル(MPEG-1高画質): {https://dl.bandicam.com/bvl/Robotica_1080_mpeg1_4100k.avi|Robotica_1080_mpeg1_4100k.avi}
  • Bandicamビデオファイル(VP80低画質): {https://dl.bandicam.com/bvl/Robotica_1080_vp80_1700k.avi|Robotica_1080_vp80_1700k.avi}
  • Bandicamビデオファイル(VP80標準画質): {https://dl.bandicam.com/bvl/Robotica_1080_vp80_2500k.avi|Robotica_1080_vp80_2500k.avi}
  • Bandicamビデオファイル(VP80高画質): {https://dl.bandicam.com/bvl/Robotica_1080_vp80_4100k.avi|Robotica_1080_vp80_4100k.avi}

※ BINK(.bik)ファイルの再生には{http://www.radgametools.com/bnkdown.htm|Rad Video Tools}のインストールが必要です。
※ {../../codec/|Bandicam MPEG1 デコーダー}をインストールすると、Bandicamビデオファイル(MPEG-1)を一般の動画再生ソフトで再生できます。
※ VP8 AVIファイルの再生には、{https://dl.bandicam.com/bvl/install_webmdshow.exe|WEBMデコーダー}のインストールが必要です。
※ BINKはファイルサイズの表示にByte単位を使用していますが、Bandicamビデオライブラリーではbit単位を使用しています。

PSNRによる映像の比較

下のグラフは480フレームの動画ファイルの各フレームをPSNR比較ツールで比較した結果です。PSNRの値が高いほど画質が良いことを意味します。

低画質映像の比較

  • Robotica_1080_bink_1700k.bik: 平均35.8db
  • Robotica_1080_mpeg1_1700k.avi: 平均37.6db
  • Robotica_1080_vp80_1700k.avi: 平均40.4db

標準画質映像の比較

  • Robotica_1080_bink_2500k.bik: 平均37.9db
  • Robotica_1080_mpeg1_2500k.avi: 平均40.5db
  • Robotica_1080_vp80_2500k.avi: 平均43.1db

高画質映像の比較

  • Robotica_1080_bink_4100k.bik: 平均40.4db
  • Robotica_1080_mpeg1_4100k.avi: 平均43.4db
  • Robotica_1080_vp80_4100k.avi: 平均45.0db

結論

PSNR指数は映像の差にlog10をかけた値を使用するため、グラフ上では差が小さく見えても実際の映像の画質には大きな違いがあります。 上記のグラフとPSNRの平均値を比較すると、MPEG-1はBINK比40%程度、VP8はBINK比60%以上も動画ファイルのサイズを圧縮することができることがわかります。 つまり、Bandicamビデオライブラリーは、BINKに比べ圧縮率が高いコーデックを使用しているということができます。



CPU使用率の比較

動画再生よりもゲームやアプリケーションの動作に重きが置かれ、動画の再生はあくまでも付加的な要素であるような場合、動画再生時のCPU使用率を下げることは重要なチェック項目の1つです。 BINKやBandicamビデオライブラリーは、圧縮率はやや劣っても、CPU使用率が低い動画コーデックを使用しています。

テスト環境

下記のテストは、Intel Atom 330@1.6Ghz CPUで行いました。 開発環境であるCore2 DuoやCore2 Quad環境では、もともとCPU使用率が1~2%と非常に低く、テストには向かないため、意図的に低スペックPCを使用しました。同一の1080p動画を使用しています。

テスト結果

  • BINK
  • CPU使用率は50~60%で推移

  • Bandicamビデオライブラリー
  • CPU使用率は30~40%で推移

結論

BINKに比べると、MPEG-1コーデックを使用したBandicamビデオライブラリーのほうが20%~30%、CPU使用率をおさえることができるといえます。