eラーニングやYouTube配信用の動画教材の作り方


Windowsのパソコンで簡単にeラーニングやYouTube配信用の動画教材を作る方法

YouTubeにはさまざまなコンテンツが日々アップロードされていますが、最近、人気お笑い芸人の中田敦彦さんや人気タレントのチャンネルでも話題の「教育系YouTuber」と言われるジャンルが注目されていますね。
教育系のYouTube動画コンテンツを配信するには、動画録画ソフトや動画編集ソフトが必要になります。
Bandicamを使うと、パワーポイントやPDFなどの資料を使ってオンライン講座向けのビデオ教材を簡単に作成することができます。動画初心者が最初からプロのYouTuberのような手の込んだ動画を作りこむのは大変ですが、配信したい動画コンテンツの種類に応じてBandicamで手軽に動画コンテンツを作る方法を解説します。
動画の見せ方としては下記のようなパターンが考えられますが、どれもBandicamを使うと簡単です。

  • パワーポイントのスライドなど教材を画面全体に表示し、画面の任意の場所に講義している講師の姿を同時に見せる
  • パワーポイントのスライドなど教材を画面全体に表示し、講義している講師の声をナレーションとして入れる
  • ホワイドボードや黒板などを使って講師が講義している様子をそのまま見せる

教育系YouTuberへの道は、Bandicamのインストールから始まる

上に3つの見せ方を挙げていますが、どの見せ方にする場合もBandicamを使って録画したり録音したりすることになりますので、まずはWindowsのパソコンにBandicamをインストールしておきます。(ダウンロード無料)
Bandicam最新版は公式サイトから無料でダウンロードし、インストールすることができます。
PC画面の録画、キャプチャーソフトBandicamは、高画質動画のキャプチャーはもちろん、録画しながらリアルタイムに文字や図を書き込んだり、マイク音声を入れたり、外部接続のウェブカメラの動画を追加したり、必要な機能が全部そろっています。


ダウンロードが終わったら、3つの見せ方のうちでご自身の動画教材や生徒さんのターゲットに合ったものを選び、具体的な操作方法を見てください。



更新日時