Bandicamでリアルタイム描画機能を使う

リアルタイム描画機能を使うと、Bandicamの画面録画モードのフルスクリーンキャプチャー機能指定した領域キャプチャー機能を使ってキャプチャーしながら、リアルタイムに線や四角を描いたり、蛍光ペンで書き込んだりすることができます。
リアルタイム描画機能は、キャプチャー待機中にも使用できます。チュートリアル動画を作成する際などに最初に必要事項を記入した状態から録画を始められます。
リアルタイム描画機能

リアルタイム描画機能の使い方

範囲指定枠と操作パネル

  • 画面録画モードを選択します。
  • 範囲指定枠ウィンドウの鉛筆アイコンをクリックします。
  • 描画ツールのパネルから、使用したいツールを選択します。
  • 範囲指定枠ウィンドウの中にマウスポインタを移動させて図形を描いたり、線を引いたりします。
  • 消しゴムアイコンをダブルクリックすると、Delを押したときと同様、描画内容を一度にすべて消去できます。
  • Shiftキーを押したまま、直線、矢印、四角形のアイコンをクリックすると、それぞれ垂直・水平線、垂直・水平の矢印、正方形を描画できます。
  • リアルタイム描画機能を使用中にはマウスによる操作ができません。Escを押すと、描画した内容をすべて消去し、マウスによる操作が可能となります。消しゴムアイコンをダブルクリックするかDelを押してからカーソルアイコンをクリックすると、マウスによる操作が可能となります。

リアルタイム描画機能で使えるショートカットキー

  • Del: 描画内容をすべて消去
  • Esc: 描画内容をすべて消去し、描画機能を終了
  • Ctrl+Alt+D : リアルタイム描画機能ツール表示・非表示
  • Ctrl+Alt+1 : カーソル(リアルタイム描画無効)
  • Ctrl+Alt+2 : ペン
  • Ctrl+Alt+3 : 蛍光ペン
  • Ctrl+Alt+4 : 直線
  • Ctrl+Alt+5 : 矢印
  • Ctrl+Alt+6 : 四角形
  • Ctrl+Alt+7 : ナンバリング
  • Ctrl+Alt+8 : テキスト
  • Ctrl+Alt+9 : 消しゴム
  • Ctrl+Z : 元に戻す
  • Ctrl+Y : やり直し

Bandicamのオーバーレイ機能

リアルタイム描画機能以外にも、キャプチャー中の動画にテキスト、マウスカーソルの動き、自作のロゴ、Webカメラの映像などを重ねて録画することもできます。

Bandicamのオーバーレイ機能 | Webカメラ | カーソル | ロゴ | テキスト | リアルタイム描画