BandicamでWebカメラオーバーレイ機能を使う

Webカメラオーバーレイ機能は、Bandicamでキャプチャーしている動画に、Webカメラからの映像を重ねてキャプチャーする機能です。画面録画モードゲーム録画モードデバイス録画モードのすべてで使用可能です。(ただし、デバイス録画モードの場合、使用中のデバイスと同じデバイスは指定できません。)
YouTubeやニコニコ動画などの動画サイトでよく見かけるゲーム実況動画やオンライン講座の動画を作成するときに便利です。Webカメラがない場合はスマホをWebカメラとして使う方法もあります。

Webカメラオーバーレイ機能の使い方

  1. メインウィンドウで[ビデオ]を選択します。 » ビデオの設定画面
  2. [Webカメラ映像オーバーレイ]にチェックを入れます。
  3. [詳細設定]をクリックします。
  4. [Webカメラ映像を録画ファイルにオーバーレイで追加する]を選択します。
    Webカメラオーバーレイ機能を使うための設定
  5. 位置やサイズ、デバイスやフォーマットの変更をしたり、クロマキー合成機能の設定をします。クロマキー合成機能を使うと、下の画像のようにゲームの実況などでWebカメラの背景を消して、2つの動画を合成させることができます。
    Webカメラオーバーレイ機能を使うための設定

録画中にWebカメラ映像の表示・非表示を切り替える方法

[Webカメラ映像を別のファイルに保存する]、[キャプチャー画面にWebカメラ映像を表示する]、[Webカメラ映像の表示・非表示ホットキー]オプションをすべて有効にしてから録画を開始し、録画中に指定したホットキー(初期設定ではTabキー)を押すと、押すたびに表示と非表示が切り替わります。

デバイス録画モード、Webカメラオーバーレイ機能のトラブルシューティング

デバイス録画モード、Webカメラオーバーレイ機能がうまく使えない場合はよくある質問をご確認ください。



Bandicamのオーバーレイ機能

Webカメラ以外にも、キャプチャー中の動画にテキスト、図形、自作のロゴ、マウスカーソルの動きなどを重ねて録画することもできます。

Bandicamのオーバーレイ機能 | Webカメラ | カーソル | ロゴ | テキスト | リアルタイム描画