古い動画を自動で削除する

録画や編集後、一定期間が過ぎた動画ファイルを自動で削除する方法

Bandicamの予約録画機能を使って長時間録画したファイルなやBandicutで編集したファイルが溜まってくると、ハードディスクやSSDの空き容量を圧迫し、次の録画や編集が途中で中断されるなど支障が出ることがあります。そのような事態を避けるために一定期間を過ぎたファイルを自動的に削除するのも一つの手です。少し複雑に思えるかもしれませんが、一度設定するとずっと使えるのでおススメです。

タスクスケジューラを使って一定期間が過ぎた動画ファイルを自動で削除する方法

1. Windowsのボタンをクリックし、"task"を入力し、タスクスケジューラを起動、[タスクの作成]をクリックする
タスクスケジューラを起動し、タスクの作成をクリック
2. [全般]タブで、[古い動画の断捨離]など任意の名前を入力し、[最上位の特権で実行する]にチェックを入れる タスクの新規作成

3. [トリガー]タブを開き、[新規]をクリック、設定の部分で[毎日]、[毎週]、[毎月]など条件を選択する
削除周期設定

4. [操作]タブを開き、[新規]をクリック、プログラム/スクリプト欄でForFilesを指定し、引数の追加(オプション)欄にて、任意の条件を指定する
操作と引数設定

引数の入力例

  • Bandicamの録画ファイルの保存先が"C:\Bandicam"で、30日以上経過したファイルを削除したい場合は、/p "C:\Bandicam" /s /d -30 /c "cmd /c del @fileと入力します。
  • Bandicutの出力ファイルの保存先が"C:\Users\BD\Documents\Bandicut"で、編集後15日以上経過したファイルを削除したい場合は、/p "C:\Users\BD\Documents\Bandicut" /s /d -15 /c "cmd /c del @fileと入力します。


更新日時