Bandicamを紹介して、お小遣いを稼ごう!





PCログレコーダー機能とは

PCログレコーダーは、PCを使用中にPC上で発生した出来事を動画(画面+音声)でキャプチャーする機能のことです。Bandicam 2.0以降では、キャプチャー自動開始とキャプチャー自動終了機能を利用して、PCの動作状況をリアルタイムにキャプチャーできます。

* PCログレコーダー機能の活用例

- QA業務:PC使用中のどの時点で障害が発生したか確認するとき
- モニタリング:相談員やアルバイトスタッフ、銀行員などが会社の指針に従って適切に対応しているか監視するとき
- 株式・先物取引など:秒刻みで激しく変動する株式・先物取引の変動画面を高画質でキャプチャーするとき
- サーバー状態や防犯カメラのキャプチャー:ネットワークやサーバーのトラフィック状況や防犯カメラの画面などを継続的に確認するとき
- そのほか、PCの起動と同時にデスクトップ画面などを継続的にキャプチャーする必要があるとき


PCログレコーダーの使い方

キャプチャー自動開始

キャプチャー自動開始
- PC起動時にキャプチャーが自動的に始まるようにするには、[タスクトレイに最小化した状態で実行][Windows起動時にBandicamを起動][起動時にフルスクリーンキャプチャーを開始]にチェックを入れます。
- キャプチャーが指定した時間に始まるようにするには[キャプチャー自動開始タイマー実行]にチェックを入れます。

キャプチャー自動終了

キャプチャー自動終了
- PCの起動とともに長時間キャプチャーを行う場合、キャプチャーしたファイルを正常に保存するために[キャプチャー自動終了]機能も一緒に使用することをお勧めします。
- 1時間単位で動画ファイルが作成されるようにする場合、上図の画面で[キャプチャー時間で制限する]を選択して[1時間]に設定し、[自動終了後の設定]で[新規キャプチャーを開始する]を選択します。


キャプチャー開始時に画面に何も表示しないようにする方法

フルスクリーン(ディスプレイ全体)をキャプチャー対象とする場合、画面録画モードのフルスクリーンキャプチャー以外の、指定領域キャプチャー、マウス周辺キャプチャーの中にあるフルスクリーンメニューを選択しても録画が可能ですが、マウス周辺キャプチャーのフルスクリーンを選択しておくと、範囲指定枠ウィンドウを含めずに画面全体を録画することができます。
マウス周辺キャプチャー
キャプチャー中には、[表示/非表示](ホットキー:Ctrl+Alt+H)機能を使って、Bandicamの画面を非表示に変更できます。 キャプチャー画面非表示


タスクスケジューラを使ってWindows起動時に自動でフルスクリーン(全画面)キャプチャーを行う方法

Bandicamのメインウィンドウや範囲指定枠ウィンドウ、フルスクリーンキャプチャーの操作パネルなど邪魔なものをできるだけ画面から排除してフルスクリーンの録画を行うことができます。
この方法でもBandicam起動時のスプラッシュスクリーンはうつりこんでしまいますが、Bandicutで取り除くことができます。

準備(Bandicamの推奨設定)

  • マウス周辺キャプチャーのフルスクリーンを選択しておく
    マウス周辺キャプチャー
  • [タスクトレイに最小化した状態で実行]を有効にする
    タスクトレイに最小化した状態で実行

タスクスケジューラの設定

  1. Windowsのボタンをクリックし、"task"を入力する
  2. タスクスケジューラを起動する
  3. [タスクの作成]をクリックする
    タスクスケジューラを起動し、タスクの作成をクリック
  4. [全般]タブで、[Bandicam録画開始]と入力し、[最上位の特権で実行する]にチェックを入れる
    タスクスケジューラ[全般]タブで録画開始設定
  5. [トリガー]タブを開き、[新規]をクリックする
  6. [ログオン時]を選択する
    録画開始時間設定
  7. [操作]タブを開き、[新規]をクリックする
  8. プログラム/スクリプト欄でC:\Program Files (x86)\Bandicam\bdcam.exe(32bitのOSの場合はC:\Program Files\Bandicam)を指定し、引数の追加(オプション)欄にて/recordと入力する
    プログラム/スクリプトと引数の設定


* ログレコーダーでキャプチャーした動画から特定の部分を切り取りたいとき

Bandicamで長時間キャプチャーした動画は、Bandicutを使うと、画質の劣化なしに必要な部分だけ切り取って保存することができます。