出力設定の[高速モード]について

Bandicutの[高速モード]の特徴

Bandicutの高速モードでは、AVI、MP4、MOV、MKV、WMV、WebM、ASF、FLVの動画を変換(エンコード)せずに、そのまま編集できるため、画質の劣化がなく素早い作業が可能です。
編集後の動画は、元の拡張子のまま保存されます。
TS, MPEG系(MPEG、MPG、DAT、VRO、TS、TP、TRP、M2T、M2TS、MTS、VOBなど)ファイルは、Bandicut3.1.5以降で対応しています。


[高速モード]と[標準モード]の違いは何ですか。

Bandicutには、[高速モード]と[標準モード]の設定があります。
出力設定の[高速モード]と[標準モード]

[高速モード]では、動画の変換(エンコード)をせずにそのまま編集できるため、画質の劣化がなく素早い作業が可能です。
[標準モード]では、動画の変換(エンコード)を行いながら、編集した動画を保存します。[高速モード]に比べ、作業に時間がかかります。再生するデバイスや用途に応じて、出力形式、画質、コーデックなどを変更したい場合に使用します。
»標準モードの詳細設定

* [高速モード]と[標準モード]の比較

  [高速モード] [標準モード]
カット、区間結合対応 AVI, MP4, MOV, MKV, TS, MPEG系(MPEG、MPG、DAT、VRO、TS、TP、TRP、M2T、M2TS、MTS、VOBなど), WMV, WebM, ASF, FLV
» もっと見る
AVI, MP4, MOV, MKV, WMV など、ほとんどの形式に対応。
» もっと見る
ファイル結合対応 AVI, MP4, MOV, MKV, TS, MPEG系(MPEG、MPG、DAT、VRO、TS、TP、TRP、M2T、M2TS、MTS、VOBなど), WMV, WebM, ASF, FLV
ただし、ファイルの形式が同じ場合のみ可能
AVI, MP4, MOV, MKV, WMV など、ほとんどの形式に対応。
ファイルの形式が異なる場合でも可能
無料版 AVI、MP4、MOVのみカットと結合が可能
(MP4Vコーデックは除外)
ほとんどの動画ファイルに対応
長所 無劣化、高速で編集、保存できる ほとんどの動画ファイルに対応し、解像度、画質、ファイル形式の変更が可能
短所 対応していないファイル形式や使用上の制約がある 画質の劣化がある、保存に時間がかかる

TS, MPEG系(MPEG、MPG、DAT、VRO、TS、TP、TRP、M2T、M2TS、MTS、VOBなど)ファイルは、Bandicut3.1.5以降で対応しています。


[高速モード]が使えない場合

[高速モード]が使えない場合は、[高速モード]が使えません。をご覧ください。


関連FAQ