[高速モード]が使えません。

Bandicutは [高速モード]により、画質劣化なしで、[フレーム単位]で正確に、そして素早く動画のカットや結合を行うことができます。

  [高速モード]対応 [高速モード]非対応
製品版 AVI, MP4, MOV, MKV, WMV,
TS, MPEG系(MPEG、MPG、DAT、VRO、TS、TP、TRP、M2T、M2TS、MTS、VOBなど)
WebM, ASF, FLV
映像と音声のコーデックに再生や変換ができないコーデックが含まれる場合
無料版 AVI, MP4, MOV 同上

※TS, MPEG系(MPEG、MPG、DAT、VRO、TS、TP、TRP、M2T、M2TS、MTS、VOBなど)ファイルは、Bandicut3.1.5以降で対応しています。
※無料版ではMP4、MOVであっても、mp4vコーデックが使用されたファイルの場合、[高速モード]が利用できません。

* 下記の場合には、動画のシークができません。([標準モード]は使用できます。)

  1. インデックスが正常に記録されていない
  2. キーフレームが記録されていない
  3. Bandicutがインデックスを分析できない

* 下記の場合には、[高速モード]も[標準モード]も使用できません。

映像がなく音声だけのファイルの場合(映像のデータがない、またはコーデック)や、Bandicutで再生できないファイルの場合、[高速モード]は使用できません。 ただし、音声のデータがないファイルの再生と、変換([標準モード]での出力)は可能です。

[高速モード]使用時に、設定した開始位置の時間とずれることがあります。

Bandicutで[高速モード]に対応している場合でも、一部の動画ファイルで[高速モード]を使用する場合、フレームではなく、キーフレームを基準にした編集のみ可能な場合があります。 そのため、下図のように自動でキーフレームを基準とした時間に修正されます。 キーフレームを基準とした時間に修正 - このようなファイルの場合には、Bandicut無料版では[標準モード]のみご利用いただけます。
- この問題は技術的な問題による例外事項であり、今後対応できるよう努めております。

* [用語解説]フレームとキーフレーム

フレームとキーフレーム

- フレーム(Frame): 動画を構成する静止画の1枚1枚をさす。30fps(1秒あたり30フレーム)の動画の場合、1秒間に30枚の静止画が含まれる。
- キーフレーム(Keyframe): フレームの中でもシーンチェンジなどの重要なフレームや、再生位置の移動(シーク)をすばやく行うために、定期的に映像に記録されるものをさす。30fpsの動画でシーンチェンジが1秒間に5回ある場合は、キーフレームは5つとなる。
Bandicutはフレーム単位で動画の編集ができます。

関連FAQ