Bandicutで動画の音声をMP3ファイルとして保存する

Bandicutを使うと、TS、MOV、MKV、MP4、FLV、AVI、WMVなどの動画のオーディオトラックをMP3ファイルとして保存することができます。
Bandicutで動画の音声だけをMP3ファイルとして保存する(MP3抽出)

MP3抽出機能のチュートリアル動画


Bandicutで動画の音声(オーディオトラック)を保存する(MP3抽出)機能の使い方

  1. Bandicutを実行し、ホーム画面で[カット]を選択します
    Bandicutのホーム画面で[カット]を選択
  2. [ファイルを開く]アイコンをクリックし、元の動画ファイルを選択します
    編集するファイルを選択
  3. スライダーを動かして、保存したい区間の[開始位置]と[終了位置]を選択します
    保存したい区間を選択
  4. [スタート]ボタンをクリックします
    [スタート]をクリック
  5. [オーディオトラック抽出(.mp3)]にチェックを入れ、出力モードの選択や、ファイル名、保存先などの詳細設定をしてから、[スタート]ボタンを押します
    [オーディオトラック抽出(.mp3)]にチェック、モード選択と詳細設定
  6. 出力完了画面で[開く]を押すと保存先が開き、MP3ファイルを確認できます([タスク完了後、保存フォルダーを開く]機能を有効にしている場合は、自動的に保存先が開きます。)
    出力完了画面から保存先を開く、アップロード、再生
  • [アップロード]や[再生]ボタンで、MP3ファイルの操作はできません。同時に出力した動画ファイルをアップロードしたり、再生したりするのに使用できます。
  • アップロード先を選択して[アップロード]をクリックすると、同時に出力した動画ファイルをYouTube、Vimeoにアップロード(投稿)することができます
  • [再生]をクリックすると、同時に出力した動画ファイルを既定の再生ソフトで再生することができます。


動画編集の目的別のBandicutの使い方


関連FAQ