Bandicutで動画編集も動画変換ももっと手軽に!

Bandicutは動画から必要な区間だけを切り出したり、動画の途中に入っているCM部分や不要な区間を選択して削除したり、動画からmp3ファイルを抽出したり、複数のビデオを1つにつなげたりできる動画編集ソフトです。ややこしい動画の知識は一切不要!無劣化編集も動画変換もBandicutひとつで解決!

無劣化高速動画編集ソフトBandicutを今すぐ無料でお試しください!

動画編集ソフトBandicut

画質と使い勝手のよさを兼ね備えた動画編集ソフト

Bandicutは動画初心者にもわかりやすく、どなたでも手軽に使える動画編集ソフトです

動画の編集や投稿作業に、高価で本格的な機材やプロ仕様の動画編集ソフト、専門知識が必要だったのはひと昔前のこと。今は普通のPCでも、動画編集の知識がなくても、動画編集が可能な時代です。

不要なシーンを取り除く、必要なシーンだけをつなぎ合わせてひとつのビデオにする、再生速度を速くしたり遅くしたりする、音だけを抜き出す、あるいは音なしの動画を作る、などといった編集作業を効率よく行うには?元の品質を損なわずに行うには?そんな問題を解決するのがBandicutです。

操作が簡単で手軽に使えて高画質のまま編集できるBandicut

Bandicutは目的に応じて高速モードと変換モードが選べます。高速モードではエンコードせずに元の動画をそのまま切り取ったりくっつけたりするので、画質の劣化なくあっという間に作業が完了します。また、変換モードでは動画の形式を変換しながら必要な区間を切り出したり結合したりすることもできます。

Bandicutの紹介ビデオ

BandicutでできることをまとめたビデオをYouTubeで公開しています。



動画編集ソフトBandicutの主な特徴

Bandicutの高速モード

編集前の動画の画質を維持、エンコードなしで素早い編集が可能

Bandicutの高速モードでは動画の変換(エンコード)をせずにそのまま編集できるため、画質の劣化がなく素早い作業が可能です。

Bandicutの高速モードの使い方

ハードウェアアクセラレーション

ハードウェアアクセラレーションにより、高速で効率の良い動画編集

ハードウェア(CPUやグラフィックボード)に搭載されたGPUを利用するハードウェアアクセラレーション(Intel® Quick Sync Video、AMD® VCE、NVIDIA® NVENC)により、システムの負荷を減らしながら高画質・高圧縮・高速で動画を編集できます。

ハードウェアアクセラレーション

多くの動画フォーマットの入力対応

MP4、AVI、TS、MOV、MKV、FLV、VRO、WMVなど多くの動画フォーマット対応

.avi, .mp4, .mov, .m4v, .mkv, .mpeg, .mpg, .dat, .vob, .flv, .asf, .wmv, .ts, .tp, .trp, .mpe, .mpv2, .mp2v, .m2t, .m2ts, .ogmなど、パソコンで再生できる動画形式ならほとんどの動画をBandicutで編集できます。

Bandicutの入出力対応フォーマット

編集後そのままアップロード

編集後そのままYouTubeやVimeoにアップロード可能

Bandicutで編集した動画は、ブラウザーや動画の保存先を開くことなく、Bandicutのアップロードボタンから簡単にYouTubeVimeoにアップロードし公開できます。

編集した動画をそのままYouTubeにアップロードする方法

mp3抽出

動画から音声だけを抜き出してMP3ファイルを作成

TS、MOV、MKV、MP4、FLV、AVI、WMVなどの動画のオーディオトラックをMP3ファイルとして保存することができます。

動画ファイルから音声を抜き出してMP3として保存する方法

タイムラプス動画制作

手元の動画からタイムラプス動画の制作も簡単に

0.5倍速のスローモーションから99.9倍速のクイックモーションの動画の作成に対応。再生速度やフレームレートの調整をすることでタイムラプス動画も簡単に作成できます。

動画の再生速度を変更して保存する

動画変換対応

MP4、WebM、AVI、MKVへの変換もサポート

動画変換機能(変換モード)も備えているので、動画の切り出しや不要区間の除去作業と同時に動画変換まで一発で完了できます。

動画変換機能を詳しく見る





Bandicutの主な画面のスクリーンショット


動画でわかるBandicutの使い方

Bandicutを代表する6つの機能のチュートリアル動画をYouTubeで公開しています。



動画編集ソフトBandicut120%活用法




Bandicutのよくある質問をチェック!

Bandicutのほとんどの機能は無料版でも利用できます。ただし、無料版使用時には編集後の動画ファイルにBandicutのロゴが出力されます。また、一部のファイルは無料版では高速モードが使えないなどの制限があります。 Bandicut製品版ご購入後にユーザー認証を完了し、Bandicut製品版として起動すると、すべての機能を利用できるようになります。

はい。Bandicutはひとつのファイルの中で複数の区間を選択して必要な区間だけ結合する機能があります。BandicutのCMカット機能をご覧ください。

はい。Bandicutは動画変換ソフトですが、動画の編集だけでなく静止画キャプチャーも高画質で保存できます。プレビュー画面でカメラのアイコンをクリックすると保存先フォルダーに保存され、Ctrl+Cを押すとクリップボードに保存されます。

はい。Bandicutには結合機能もあります。たとえばBandicam無料版で録画した10分のファイルが複数ある場合、Bandicutを使ってひとつのファイルにまとめられます。Bandicutで複数のファイルを1つのファイルに結合する(ファイル結合)方法をご参照ください。

はい、あります。Bandicutは、動画の切り出しや結合を行うときに、高画質でそのまま高速カットできる高速モードと、任意のフォーマットに変換(エンコード)できる変換モードを選べるようになっています。高速モードと変換モードの違いのページをご参照ください。

Bandicut製品版のライセンスは、一度購入すると期限なくご使用いただける永久ライセンスです。PCを変更する場合、ユーザー認証を解除するかアンインストールすると、新しいPCで再度ユーザー認証して製品版の継続使用が可能となります。最新のOS、Windows 11にも対応しています。

ライセンス情報はいつでもお客様ご自身で再送の手続きをしていただくことができます。購入時のメールアドレスが使用できない場合は、サポートセンターまでご連絡ください。

ここにない質問はBandicutのよくある質問ページをご覧ください。