H264 (Intel® Quick Sync Video)の使い方

インテルQuick Sync video Bandicutは、Sandy Bridge以降のIntel CPU(i3/i5/i7)に搭載されているIntel HD GraphicsのQuick Sync Videoに対応しています。
インテルクイックシンクビデオのH.264エンコーダーにより、システムの負荷を減らしながらも高画質・高圧縮・高速で動画を編集できます。編集された動画はH.264というコーデックで圧縮されます。
[H264 (Intel® Quick Sync Video)]を使用するには、Intel HD Graphicsを有効にする必要があります。マザーボードのグラフィック出力端子をモニターに接続する、あるいはディスプレイの追加の操作を行うことによって、Intel HD Graphicsを有効にすることができます。
[H264 (Intel® Quick Sync Video)]はグラフィック機能を搭載したCPUで、Windows 7以上のOSで使用できます。

H264 (Intel® Quick Sync Video)の使い方

1. Intel公式サイトから最新版のグラフィックス・ドライバーをインストールします

Intelグラフィックス・ドライバー 用のダウンロード:https://downloadcenter.intel.com/ja/

2. Bandicutで[H264 (Intel® Quick Sync Video)]を選択します

Bandicutのメインウィンドウで[スタート]ボタンをクリック後に、[出力設定]画面で[標準モード]を選択し、[標準モード詳細設定]画面の[コーデック]で[H264 (Intel® Quick Sync Video)]を選択すると、インテルクイックシンクビデオのH.264エンコーダーによってシステムへの負荷を軽減し、圧縮率が非常に高い設定で、画質の劣化をおさえて効率的に保存します。
Bandicutはインテルのクイックシンクビデオに対応しています。
[H.264オプション]をクリックすると、プロファイルを、自動、Baseline、Main、Highのうちから選択できます。その他の設定については、Bandicutの[標準モード]をご参照ください。



Bandicutに[H264 (Intel® Quick Sync Video)]が表示されない場合

Bandicutで[H264 (Intel® Quick Sync Video)]が表示されない場合は、次の事項を確認してください。

1. [H264 (Intel® Quick Sync Video)]はWindows 7以上で使用できます。

Windows XPやWindows Vistaでは[H264 (Intel® Quick Sync Video)]がコーデック画面に表示されません。

2. [H264 (Intel® Quick Sync Video)]はBandicutの最新版(1.0.1以上)で使用できます。

Bandicut公式サイトのダウンロードページからBandicut最新版をダウンロードし、インストールします。

3. [H264 (Intel® Quick Sync Video)]はグラフィック機能を搭載した最新CPUでのみ使用できます。

  • Quick Sync video対応モデル:第2世代以降のi3、i5、i7プロセッサはほとんどがQuick Sync videoに対応していますが、第1世代のi3/i5/i7プロセッサと第2世代以降のモデルのうち一部はQuick Sync Videoに対応していません。
  • Quick Sync videoに対応しているかどうかはhttps://ark.intel.com/ja/#@PanelLabel122139で確認できます。

4. Intel®ホームページから最新版のグラフィックドライバーをダウンロードし、インストールします。

Intel®グラフィックドライバーのダウンロード:https://downloadcenter.intel.com/ja/


5. [H264 (Intel® Quick Sync Video)]を使うには、PCのBIOS/CMOS設定でCPU搭載グラフィック機能(Internal Graphics)を有効にしておく必要があります。

CPU搭載グラフィック機能有効

関連リンク