Bandicamの使い方(録画モード別)

Bandicamには、画面録画モード、ゲーム録画モード、デバイス録画モードの3つのモードがあります。 ゲームを高画質で録画したい場合は、ゲーム録画モードかデバイス録画モード、パソコンの画面やブラウザーの内容を記録したい場合は画面録画モードを使用します。モードの違いや詳しい使い方は下記をご覧ください。

[画面録画モード - 指定した領域]キャプチャー

PC画面の特定の領域を録画するときに使います。» 詳しく見る

指定領域キャプチャー

[画面録画モード - フルスクリーン]キャプチャー

PCのディスプレイ全体を録画するときに使います。マルチディスプレイ環境では、録画可能なディスプレイが[ディスプレイ1]、[ディスプレイ2]というようにメニューに表示され、その中で選択したディスプレイ1つの画面を録画します。» 詳しく見る

フルスクリーンキャプチャー

[画面録画モード - マウス周辺]キャプチャー

PC画面のマウスカーソルの動きにあわせて、その周辺を指定したサイズで録画するときに使います。» 詳しく見る

マウス周辺キャプチャー

[ゲーム録画モード]

DirectXモードやOpenGLモードで動作する高画質ゲームやアプリケーション、動画などをキャプチャーするときに使います。» 詳しく見る

ゲーム録画モード

[デバイス録画モード]

Webカメラやキャプチャーデバイス、キャプチャーボード、テレビ受信カード、IPTV、Xbox、プレイステーション、iPhone、iPad、Androidタブレット端末、スマートフォン、ミニファミコンなど、外部入力機器(ハードウェア)からの動画を録画するときに使います。

ハードウェア機器(Webカメラ、キャプチャーデバイス、テレビ受信カードなど)がPCに接続されている場合のみ、[デバイス録画モード]を使用できます。» 詳しく見る

デバイス録画モード

3つのモードの違い

[画面録画モード] [ゲーム録画モード] [デバイス録画モード]
概要 PC画面に表示される内容をそのままキャプチャー
DirectXやOpenGL技術で動作するソフトをキャプチャー
外部入力デバイスからの動画をキャプチャー
キャプチャー
対象
PCのデスクトップ画面、Flashゲーム、インターネット、YouTube、PowerPoint、Excel、メッセンジャーなど 高画質オンラインゲーム、Windowsアプリ、Steamゲーム、Webカメラ、Xbox、動画再生ソフト、iTunes PCと接続されたWebカメラ、キャプチャーボード、テレビチューナーボード、プレイステーション、Xbox、スマートフォンなど
画質 標準 高画質 高画質
使い方 簡単 (初心者・一般ユーザー向け) 難しい (専門家向け) 難しい (専門家向け)
長所 PC画面に表示される内容なら何でもそのままキャプチャー可能 DirectXで動作するゲームやWindowsアプリなどを原画と同等の画質でキャプチャー可能 PCではなく、スマートフォンやプレイステーションなど、外部のデバイスの画面のキャプチャーが可能
短所 動きの速いゲーム画面などは高画質でのキャプチャーが不可能 PCのデスクトップやインターネットの画面などはキャプチャー不可能 PCのデスクトップやインターネットの画面などはキャプチャー不可能
使い方 詳しく見る » 詳しく見る » 詳しく見る »