Bandicamの上級者向けの機能

ハードウェアアクセラレーションとx264コーデック、タイマー予約キャプチャー機能、自動キャプチャー機能、コマンドラインによる操作などの概要を解説します。各機能の詳細は、それぞれリンク先をご覧ください。


ハードウェアアクセラレーション

Bandicamはハードウェア(CPUまたはグラフィックカード)に搭載されているGPUのハードウェアアクセラレーションにより、CPUの負荷を減らしながら、元の画質や音質の劣化を最小限におさえ、高品質、高圧縮、高速でキャプチャーします。

スマートフォンの画面キャプチャー

スマートフォンの画面キャプチャー Bandicamの[デバイス録画モード]を使うと、iPhone、iPad、Androidスマートフォン、Androidタブレット端末の画面をキャプチャーすることができます。

Skypeのキャプチャー

Skypeのキャプチャー Bandicamの[画面録画モード]で、Skypeの通話内容やビデオ通話の画面をキャプチャーできます。

コーデック比較

コーデック比較 Bandicam内蔵のコーデックを使用する場合よりも、システムへの負荷を軽減し、画質の劣化をおさえつつ、圧縮率をより高めてファイルサイズを小さくしたい場合は、外部コーデックの利用を強くお勧めします。外部コーデックはBandicam内蔵のコーデックに比べ、多くのシステムリソース(CPU、メモリ、グラフィックカード使用率など)を必要とするため、高スペックのPCで使用することをお勧めします。

PCログレコーダー

PCログレコーダー PCログレコーダーとは、PC上で起こるすべての内容を動画(画面+音声)でキャプチャーし記録する機能のことです。Bandicamでは[予約キャプチャー機能][キャプチャー自動開始]と[キャプチャー自動終了]機能を活用してPCの動作状況を保存することができます。

コマンドラインによる起動、録画開始・終了など

コマンドラインによる起動、録画開始・終了 Bandicam4.1.4以降では、いくつかのコマンドラインパラメーターに対応しています。コマンドラインはユーザーがキーボードを使ってコマンドを入力し、タスクを遂行する上級者向けの機能です。