クロマキー(Chroma key)とは

クロマキー(Chroma key)は背景を消して2つの映像をひとつに合成する技術で、例えば天気予報番組を思い浮かべてみてください。実際は天気図とは別のところで青色や緑色のスクリーンの前に立っている気象予報士が、天気図の前にいるかのように視聴者には見せるという演出がクロマキー合成を使った代表的な例と言うことができます。

クロマキーとは



リアルタイムクロマキー合成 | クロマキー合成のしかた

2つの映像をクロマキー技術で合成し、背景を消すためには、従来は2つの映像を制作したあとに、動画編集プログラムを使って合成するのが一般的でしたが、今は動画録画プログラムとWebカメラのみで誰でも簡単にクロマキー合成を行うことができます。

BandicamでWebカメラを使ってクロマキー合成が可能



*クロマキー合成機能は下記の手順で使用できます。

STEP1: クロマキー合成機能を持つ動画録画ソフトをダウンロードします。

Bandicam最新版をダウンロードし、インストールします。

STEP2: ビデオ - Webカメラ設定メニューで[Webカメラ映像をキャプチャーする]オプションを有効にします。

- Bandicam実行後、[ビデオ]タブ - [設定] - [Webカメラ]タブの順にクリックし、[Webカメラ映像をキャプチャーする]にチェックを入れます。
- Webカメラ(クロマキー)映像をキャプチャー画面に表示しながら録画したい場合は、[キャプチャー画面にWebカメラ映像を表示する]オプションにチェックを入れます。

Webカメラ設定メニュー



STEP3: [クロマキー合成]オプションを有効にし、カラー(背景色)を選択します。

[選択]をクリックし、背景の緑や青の部分をスポイドで選択します。

クロマキー合成のしかた


STEP4: 録画を開始すると、録画中の動画にWebカメラの被写体が表示されます。

PC画面やゲームをキャプチャーしながら、キャプチャー中の動画の中に被写体がいるような感じで録画することができます。

* 活用事例1) PowerPointを使ったリアルタイム動画講義

PowerPoint動画講義でクロマキー合成活用


* 活用事例2) ゲーム実況

ゲーム実況でクロマキー合成活用



クロマキー合成に関するよくある質問 (FAQ)

1. 背景が透過しない。背景が消えない。

- 緑や青の無地の背景の前で録画する必要があります。クロマキー用スクリーンなどの名称で販売されている専用の布の使用をおすすめします。
- クロマキーの設定で類似性ブレンドの値を調整すると、背景の透過がしやすくなります。

2. クロマキー合成機能、Webカメラプレビュー機能が正常に動作しない。

- リアルタイムクロマキーキャプチャー機能は、Bandicam最新版(4.2.1以上)でご利用いただけます。
- USB接続のWebカメラの場合、USB 3.0ポートに接続する必要があります。
- 他のWebカメラプログラムが実行されている場合は、そのプログラムを終了してから、あらためてお試しください。
- Webカメラの提供元が配布している最新のWebカメラドライバーをダウンロードし、インストールしてから、あらためてお試しください。

それでも解決しない場合は、japan@bandicam.comあてに、ご利用中のWindowsのバージョン、Webカメラの型番、問題の再現方法を明記の上、お問い合わせください。