動画編集向けの設定

Bandicutを使用する場合

Bandicamの内蔵コーデック(MPEG-1ビデオコーデック、MPEG-1 L2オーディオコーデック)でキャプチャーした動画は、 Bandicutでそのまま編集できます。
Bandicutは、BandicamでPCやゲームの画面をキャプチャーした後、画質の劣化なしで必要な部分を切り取ったり、不要な区間を取り除いてから結合させたり、すばやく編集できるソフトです。 下図のようにBandicamの[編集]ボタンをクリックすると、Bandicutが起動します。

動画編集ソフトBandicut
Bandicutのダウンロード:https://www.bandicam.jp/bandicut-video-cutter/


AVI形式で保存する場合 - ほとんどのユーザーに推奨

BandicamでAVIファイルとしてキャプチャーした動画を、Sony VegasやPinnacle Studioなどの編集ソフトで使用するには、下図のようにコーデックでMotion JPEGとPCMを選択します。
BandicamでキャプチャーしたAVIファイルを編集する

MP4形式で保存する場合

BandicamでMP4ファイルとしてキャプチャーした動画を、Sony VegasやPinnacle Studio、Adobe Premiereなどの編集ソフトで使用するには、下図のようにCFRモードを選択します。(コーデックは[H.264エンコーダー]が表示される場合は[H.264]を、[H.264エンコーダー]が表示されない場合は[MPEG-4]を選択します。)
BandicamでキャプチャーしたMP4ファイルを編集する
CFR方式は、Bandicamで60FPSに設定すると、動画を60FPS(CFR)で保存します。ただし、CFRに設定されていても、PCやエンコーダーの性能が低い場合はCFRではなくVFRで動画が保存され、Sony VegasやPinnacle Studio、Adobe Premiereとの互換性に問題が生じる場合があります。
  • [CFR優先]設定で、映像と音声の同期(シンク)の問題がある場合は、他の動画再生ソフトでの再生をお試しください。
  • [CFR優先]設定にもかかわらず、CFRで保存されない場合は、Motion JPEGとPCMの組み合わせで録画してください。