Bandicutメニュー

Bandicutの主なメニューを表示し、操作できます。Bandicutのメニュー画面はメインウィンドウ左上のアイコンをクリックすると表示されます。編集するファイルやプロジェクトファイルを開く、閉じる操作やファイルのアップロード、ファイル情報の確認、ユーザー認証、その他の主な機能がこのメニューから利用可能です。 Bandicutの主なメニュー

  • ファイルを開くBandicutで編集するファイルを取り込むためのファイル選択画面を開きます。
  • ファイルアップロードBandicutで編集したビデオをYouTubeやVimeoにアップロードします。»詳しく見る
  • ファイルを閉じる現在編集リストにある動画ファイルを閉じます。
  • 保存先を開くWindows Explorerで保存先を開きます。
  • プロジェクトファイルを開くBandicutのプロジェクトファイル(*.bcpf)を開きます。
  • プロジェクトファイルを保存する現在Bandicutで編集中のファイルの、ファイルの保存先などの情報を含むBandicutプロジェクトファイル(*.bcpf)を作成し、保存します。
  • ファイル情報Bandicut上で現在選択されているファイルのファイル情報を表示します。
  • オプションクリックまたはF5を押すと、出力ファイルの保存先や警告画面に関する設定、H.264エンコーダーの設定、言語設定を行うオプション画面を開きます。»詳しく見る
  • ユーザー認証クリックまたはF3を押すと、Bandicut公式サイトの使い方のページを開きます。»詳しく見る
  • ヘルプクリックすると、Bandicutのヘルプのサブメニューが表示されます。ヘルプを選択すると公式サイトの使い方ページが開きます。ショートカットキー、著作権情報はクリックすると、それぞれ別ウィンドウで表示されます。»詳しく見る
  • プログラム情報クリックまたはF1を押すと、Bandicutのプログラム情報画面が開きます。Bandicutのバージョン情報、ライセンス情報、バージョンアップ情報、公式サイトのURLなど、Bandicutのプログラムに関する情報を確認できます。
  • 終了: Bandicutを終了します。