Bandicam内蔵コーデックと外部コーデック

Bandicamに搭載されている内蔵コーデックは、システム負荷を減らしながら高画質の動画キャプチャーを可能にします。Bandicam搭載コーデックより高画質低容量で動画をキャプチャーしたい場合は、外部コーデックを使用してみましょう。
ただし、外部コーデックはBandicamの内蔵コーデックより多くのシステムリソース(CPU、メモリ、グラフィックカード使用率など)を必要とするため、高スペックPCで使用することをお勧めします。
Bandicam最新版(1.8.2以上)ではVFW (Video for Windows)コーデックが使用できます。

ファイルサイズと画質の比較

1920x1080の動画を1分間キャプチャーした場合のファイルサイズ、画質、保存速度は概ね次のとおりです。

* 内蔵コーデックを使用する場合

コーデック ファイルサイズ 画質 速度 説明
HEVC (GPU)
(NVIDIA NVENC,
Intel Quick Sync video)
33.5 MB
超高画質
高速
H.264よりも高圧縮
H.264
(NVIDIA NVENC, AMD VCE/VCN,
Intel Quick Sync video)
34.2 MB
超高画質
高速
PCへの負荷が少ない、高画質・高圧縮
(上級者に強く推奨)
H264
(High 4:4:4)
40.7 MB
超高画質
高速
高画質・高圧縮
再生ソフトとの互換性に欠ける(Windows Media Playerで再生不可)
H264
(High 4:4:4 ロスレス)
217 MB
最高画質
(ロスレス)

高速
- ロスレスコーデックYV12/RGBよりファイルサイズをおさえられる
- 再生ソフトとの互換性に欠ける(Windows Media Playerで再生不可)
Xvid 52.9 MB
高画質
普通
PMP、DivXプレイヤー、Galaxyシリーズのスマートフォンに適したコーデック
(すべてのユーザーに推奨)
MPEG-1 38.8 MB
高画質
普通
PCへの負荷が少ない、高画質・高圧縮 (推奨)
Motion JPEG 420 MB
標準
高速
動画編集に適したコーデック
YV12 5,210 MB
最高画質
超高速
ロスレスコーデック
RGB24 10,400 MB
最高画質
最も高速
ロスレスコーデック
  • ファイルサイズがどれだけ大きくなっても、速度が遅くても気にしないという場合、画質は次のとおりです。RGB24 = H.264 High 4:4:4 Lossless > YV12 > HEVC > H.264 > Xvid,MPEG-1 > Motion JPEG です。
  • H.264のエンコーダーはPCの性能によって異なります。(最新スペックのPCではH.264のエンコーダーがMotion JPEGより速い場合があります。)

* 外部コーデックを使用する場合

外部コーデック ファイルサイズ 画質 速度 説明
x264 135 MB
超高画質
普通
高スペックPC向けの高画質コーデック
Xvid 315 MB
高画質
普通
PMP、DivXプレイヤー、Galaxyシリーズのスマートフォンに適したコーデック
Lagarith 1,400 MB
最高画質(ロスレス)
普通
動画編集に適したロスレスコーデック

外部コーデックはBandicamの内蔵コーデックより多くのシステムリソース(CPU、メモリ、グラフィックカード使用率など)を必要とするため、高スペックPCで使用することをお勧めします。

詳しくは、 Bandicamのインターフェース › Bandicam » ビデオをご覧ください。

外部コーデックの設定

1. x264コーデック

x264はH.264/AVCビデオストリームをエンコードするコーデックで、最高の画質対圧縮率を発揮します。Bandicamに搭載されているMPEG-1コーデックより高画質・高圧縮率で動画を保存したいときにお勧めです。ただし、x264コーデックは最新の高性能PCでなければ動画が遅くなったり途切れたりする場合があります。


- 速度の最適化 :Presetで[Ultrafast]を選択し、速度を最大にします。
- 遅延時間:[Zero Latency]にチェックを入れて遅延時間を最小にします。
- ログウィンドウ非表示 :DebugのLog levelで[None]を選択します。
- VFW FourCCで[x264]を選択します。
- Sony VegasやAdobe Premiereなどの動画編集ソフトを使用する場合は、Extra command lineに[--keyint 1]を追加で入力し、Bandicamのオーディオコーデックは[PCM]を選択します。

2. 外部Xvidコーデック

XvidはMPEG-4標準に準拠した動画圧縮コーデックで、DivXコーデックの商用化に反対して(XvidはDivXの文字を逆順に表記)オープンソースとして開発され、WindowsやMacだけではなく様々なプラットフォームとOSで使用できます。キャプチャーした動画をPMPやDivXプレイヤー、またはサムスンのGalaxyシリーズスマートフォンなどで別途に動画を変換(エンコード)する必要もなく見ることができます。


- 速度の最適化:Quality presetで[more...]をクリックし、Motionタブで[0 - None]を選択します。
- ログウィンドウ非表示:Other Optionsで[Display encoding status]のチェックを外します。

3. Lagarith(ラガリス)ロスレスコーデック

Lagarithは動画編集によく使われるロスレスコーデックで、他のロスレスコーデックに比べてファイルサイズを大幅に圧縮でき、高速でキャプチャーできる(CPU占有率が低い)のが特徴です。Bandicamの[Motion JPEG]コーデックより優れた画質で、Bandicam搭載のYV12やRGB24よりファイルサイズはかなりおさえられます。[MPEG-1]コーデックに比べるとファイルサイズがやや大きいものの、最高の画質でキャプチャーしたいときにおすすめです。

- 速度の最適化1:Mode選択で[YV12]を選択するとキャプチャー速度を上げることができます。
- 速度の最適化2:[UseMultithreading]にチェックを入れるとキャプチャー性能を向上させることができます。


MagicYUVなど、別のVFW(Video for Windows)コーデックも使用できます。